• トップ /
  • 一般的な葬儀とは何か知る

一般的な葬儀とは何か

葬儀社で働くためには

一般的な葬儀とは何か知っておく

日本で行う葬儀は現代において多様化している傾向です。その形式は特に交友関係が広い人に向いている一般葬また人とのつながりが低い傾向の現代向きな家族葬がスタンダードとされます。 葬儀の仕方も宗教にこだわらないケースが出てきており式を行わず火葬のみの非常にリーズナブルな直葬のタイプや念仏の代わりに故人が好きだった音楽で送る音楽層等があります。 特殊な葬儀としては本人が生きている時に行う生前葬や埋葬の代わりに散骨する自然葬や宇宙に遺灰を上げ大気圏で燃え尽きる宇宙葬なども有り今後も様々なあり方の可能性を秘めています。

最近の葬儀の変化について

最近葬儀に対する考え方は大きく変わってきています。以前は多くの人に見送られ、お金をかけたお葬式がりっぱなお葬式だという認識がありました。しかし現在では身近な人たちだけで見送られる家族葬が一般的になってきています。家族葬が注目されるのは、家族や近い親戚、友人だけでしめやかで心のこもった葬儀ができることと、またこの方法が従来のやり方に比べるとあまりお金がかからないという点にあります。ただ家族葬ではお葬式が終わってから式に出席しなかった人たちの訪問が続き、応対に忙しいというケースもしばしば見られます。

↑PAGE TOP